スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.07 *Thu
それにしても、松本大臣の発言はなんだったのだろうか。テレビで見ていて普通に腹がたった。まあ、ああいう恫喝は政治の世界では日常茶飯事なのだろうが、それでもそれは密室での話だと思っていた。あれだけの報道陣を前にして堂々と言うというのは何かほかに意図があるのだろうか。たとえば今の政権の足を引っ張るだとか。だが、同時に「これはオフレコ、報道した会社はつぶれる」みたいなことを言って報道各社まで脅してるんだからそういうことでもなさそうだし、辞任の際には目に涙も浮かんでいたようだし、よくわかりませんな。

演劇部、テストが終わってこれからいよいよ本格的に始動だが、もう一皮、いや、2,3皮むけないといけない。
スポンサーサイト
CATEGORY : 未分類
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2011.06.23 *Thu
演劇部、徐々に動き始めてきた。自分たちで作り上げなくてはという気持ちが垣間見える。まだまだかたちになっていないが、なにか方向は見えてきたような気がする。それにしてもこの人たちは難しい芝居を選んでくる。数年前に高校生が選ぶ芝居とは明らかに違った選択である。時代のせいなのか。それともそういう芝居を面白いと感じるほど成長してきたということだろうか。しばらくテストのために稽古ができなくなる。さてテスト明け、どう変わるか。さてこちらも動き出さなくてはならない。

今年は出張が多い。演劇専門部、高等学校文化連盟の会議だけではなく、来年度新潟を中心に開催される高校総体の式典関係の会議が合間をぬって入ってくる。7月の青森視察を別の人にお願いをしておいてよかった。申し訳ありませんが、よろしくお願いします。おかげでなんとか7月を乗り切れます。
CATEGORY : 未分類
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2011.06.17 *Fri
やっぱり原発を推進する学者って結構いるんだなあ、と、こちらはあまり驚きもしなかったのだが、その根拠を読んでちょっと驚く。ここまで来ると「信じる者は救われる」みたいな感じである。もちろん信じる自由はあるのだが。
CATEGORY : 未分類
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2011.06.16 *Thu
実に久々の更新。HPのトップは相変わらず変わっておらず申し訳ない。「風の底」無事終了いたしました。公演に際してお世話になった方々、ご来場いただいた方々にはただただ感謝するばかりです。

さて周りでいろんなことが動き始めている。こちらもがんばって動き出さなくてはならない。

アナログテレビでは福島原発のニュースをやっているが、あまり状況は思わしくないようだ。
CATEGORY : 未分類
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2011.05.02 *Mon
Kuritaカンパニー、シラノ・ド・ベルジュラック観劇。台本、演技、演出、舞台技術、それぞれ高いレベルでしかもバランスよくまとまった舞台だった。こういう台詞は文字で読み、そのニュアンスを頭の中で再現するのは難しくないのだが、いざそれを声に出して見ると台詞として成り立たせるのが非常に難しいというのが分かる。こういう台詞、読んでみていいと思っても、なかなか太刀打ちできないものだ。実力のない役者やると本人は気持ちいいが見ているほうは気持ち悪くなってしまうというパターンになってしまう。しかし今回、メインキャストの5人は実に観客を劇世界に引き込むだけの台詞術で堂々演技していた。これは相当の鍛錬がないとできないなあ、というのが素直な感想である。特に主役を演じた栗田氏のコントロールされた呼吸、リラックスした体から発せられる声は勉強になった。もちろん単に演技術や発声などという基礎的なレベルだけでなく、ちゃんと観客を感動に導く演技を栗田氏はじめ、皆さんしていました。見応えある舞台。
CATEGORY : 未分類
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 


Copyright © 共振劇場 演出のblog All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。